喪主はどのような人がなるのでしょうか?

喪主は遺族の代表として、故人にかわって弔問を受けます。普段は故人の配偶者か、
既に成人し社会人として活躍している子供がつとめます。
故人が子供の場合は、父母のいずれかが喪主になります。

自宅で葬儀を行えない場合にはどうしたらいいのでしょうか?

最近の住宅事情では、自宅で葬儀をあげることがむずかしくなってきているので、
自宅以外の場所でお葬儀をあげられる場所としては、寺院、集会場、公民館、斎場などです。
斎場には葬儀社所有の式場の他、公営の式場もあります。

密葬ってどういうものをいうのですか?

弔事用の袋に包み、「御経料」「御布施」などと表書きをして、お渡しします。
お経料と戒名料は別々の場合もありますし、一緒に含めてお渡しする場合もあります。
金額については、お寺との付き合いの程度や、寺院の格などによっても異なります。

お経料や戒名料はどのようにお渡ししたらよいでしょうか?

故人と自分との関係を考えて決めます。
本来、通夜とは遺族や近親者、故人と深いかかわりのあった人が集まって別れを
惜しむものですから、それほど親しくない間柄であれば告別式に出席する方がよいでしょう。
また、告別式にはどうしても都合がつかず出席できないため、通夜にだけ出席するという場合も
ありますが、この場合は通夜の席上でその旨を告げ、お詫びを簡単に述べます。

通夜と告別式には両方出席するべき?

喪主は遺族の代表として、故人にかわって弔問を受けます。普段は故人の配偶者か、
既に成人し社会人として活躍している子供がつとめます。
故人が子供の場合は、父母のいずれかが喪主になります。

有限会社神力